レビトラの正しい服用法について

バイアグラに次ぐ救世主

バイアグラに次ぐ救世主あくまでも補助役として重大な副作用がある

レビトラはED治療薬で、バイアグラに次ぐ第二の薬といわれています。
現在は、保険適用外になっている薬で、使用するときは自費料金になります。
水に溶けやすい性質のため、最高血中濃度に達する時間も早く平均1時間未満です。
そのためにほかのED治療薬に比べて効き目が現れるのが早くなっています。
バイアグラと違って特に食事の影響は受けないので、食後すぐに飲んでも差し支えはありません。
しかし、空腹で飲んだ方が体内の吸収率が高く、効き目が現れるのが早いのは確実です。
個人差はありますが、空腹時に服用すると5時間から6時間、作用が持続します。
食事をするなら、脂っぽいものをさけ、腹8分目ほどの食事にしたほうが効果的です。
消化しにくい食事の場合、この薬の効果を十分に発揮できないことがあります。
できれば食後2時間開けてから服用した方が、効果を最大限に発揮することができます。
アルコールとの併用は、少量ならリラックス効果が高まりむしろ良い効果が期待できます。
しかし、グレープフルーツジュースでの服用は、体内で薬の作用を高めてしまうため、副作用が発生するリスクが高くなります。
基本的には水で服用することをおすすめします。

レビトラ | 540円からのED治療